お詫び

※こちらの記事は以前トップに表示していた文章を編集し一つの記事にまとめたものです。

※2010年10月20日再編集

この度はD.Gray-man、電撃大王、コミックブレイド
及びコミカライズに対して批判的な発言をしたことを謝罪いたします。
長文かつ駄文ですが、どうかご一読下さい。

今回の件は数多くおこなってきましたニコニコ生放送での配信から、第三者がその一部分を録画・録音、編集し
その後ニコニコ動画にアップロードをしたという事でございます。

その動画は『ニコ生のプロ絵師toki(藤岡とき)が駄目な漫画を斬る!!』というタイトルになっております。

タイトルにあります"駄目な"という事に関しましては一切発言しておりませんが 無責任かつ度の過ぎた発言をしてしまいましたことをお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。
元々、私は絵を描きつつ色々なマンガの話題を約1時間半ほど話しながら配信しておりました。
今回の部分では読者として思っていたこと、つまり絵をろくに描いていなかった頃の無知な意見。
そして、現時点で漫画の事を全然理解していない浅はかな感想として発言いたしました。
一方的な罵倒は一切しておりません。
動画のタイトルにあげらている漫画雑誌及び単行本は昔から好きで買い続け何度も繰り返し読んでおります。
ですので、決して嫌いだとかつまらないなどとは思っておりません。

また、言い訳になるかもしれませんが、該当の動画に関しての説明もございます。 ニコニコ生放送は基本30分一区切りの配信になっております。
今回の動画はそのごく一部分を切り取られ編集されています。
更に、該当の動画では特定のコメントを書き込むと自動的に文字がが変換されるように設定されております。
このように、相当悪意を持たれた方が動画を投稿したと考えております。
しかしながらそれで私の発言が正当化されるわけではありません。

私の配信を御試聴頂いている方々
および該当作品のファンの皆様に重ね重ね無責任な発言をお詫び申し上げます。
作家としての意識を持たず、あたかも友人と交わす悪ノリのような発言を
不特定多数の方々がご試聴できる状況でおこなった、この幼稚な行為を深く反省致します。

今後は同じ過ちを繰り返さないように注意致します。

本当に申し訳御座いませんでした。
今後ともどうか宜しくお願い致します。


藤岡とき